株式会社パズル様
企業同士のビジネスマッチング「関西活性化プロジェクト(http://www.kansai-ap.biz/)」を中心に、セミナーやイベントの開催、勉強会、CM制作などの事業を展開されている「パズル」様。Offer Boxは2014年卒からご利用いただいており、コンスタントに採用されています。 新卒採用への考え方や採用成功のポイントについて、代表取締役の北野昭和様にお話を伺いました。
「こだわった採用手法を実現できるOfferBoxを継続して利用していきたいです!」

−3人目のスタッフを中途ではなく新卒で採用される理由をお聞かせください。

 中途採用でも良いのですが、弊社の仕事内容とマッチする人材を、じっくり、ゆっくり探し、長いおつきあいが出来る人材を採用したいと考えています。弊社の業務内容を理解してもらえ、こちらも良い人だなと思う人に来てもらいたい。

−3人目のスタッフを中途ではなく新卒で採用される理由をお聞かせください。

intv_puzzle04
 弊社は基本的に面接を行わず、インターンをしてもらい、仕事を経験する中で相互理解を深めていく方法をとっています。会社説明会を行い、1次選考でアンケートをとります。2次、3次は面接ではなくインターンシップを行っています。会社説明会〜3次までそれぞれ終了後アンケートをとります。それぞれの段階でアンケート内容はすべて違います。
就職活動、採用活動は、「会社と学生の婚活」で、インターンシップは「交際期間」ではないでしょうか。面接だと、その場その場で切り返しができる学生が印象に残りますが、その場だけでなく地道な作業を続けられるか、お互いに何を考えているかなどが見えません。弊社が面接を行わないのも、婚活だと考えれば一緒に働いてお互いを理解することが一番早いのではないかと考えているからです。また、アンケートをとることにより、印象だけでなく学生の考え方や思っていることが残ります。時間をおいて読むことで、より理解が深まります。
弊社のインターンシップでは、非常に地味な作業ですが、重要な仕事をお任せします。この仕事を繰り返し行っていただきながら、社内の雰囲気を肌で感じてもらい、私たちのことも理解してもらい、お互いに納得した上で採用を決めています。

−非常に丁寧な採用をされているのですね。元々採用のノウハウがあったのでしょうか

 弊社はベンチャーですし、新卒採用のノウハウはありませんでした。お客様が非常に親切な方ばかりで、お客様に採用についていろいろ教えていただいたり、自社でも採用について勉強し、今の面接を行わないインターンシップのスタイルになりました。アンケートシートの内容も、毎年少しずつ改善しています。

−Offer Boxを導入した経緯について

 元々は中野社長との出会いがきっかけでした。それまで他の求人広告を利用していました。当初は集客がよかったのですが、徐々に集客が落ちてきたのと、Offer Boxは成功報酬型だったので一度使ってみたいと思いました。
それまでの求人広告は母体がCM制作の事業を見せたせいか、映像制作や広告制作会社を希望する学生が集まってきました。弊社は制作業務や広告業務も行っていますが、基本的にはビジネスマッチングを中心に行っておりますので、弊社が欲しいと思う人材とのミスマッチを感じていました。

−どのようにOffer Boxを利用されましたか

 まずは気になる学生をお気に入り登録します。その後反応があった学生に対してのみ、オファーを送ります。すぐにオファーを送るのではなく、ワンクッション置くことで冷静に採用活動を行うようにしています。
これまでの新卒採用では「母集団の形成」が重要ですが、企業側からするとせっかく母集団を形成しても、なかなか学生が採用できない「宝くじを当てる」状態になっているのではないでしょうか。また、母集団から学生を選んでも、それは勝ち抜きエントリーではありませんので、よい学生を採用できるとも限りません。

−Offer Boxを使って良かった点はどこでしょうか

intv_puzzle03

 一般的な採用広告や、他社の新卒採用サービスでは母集団の形成がまず大変で、その後確実にコンタクトできるかどうかもわかりません。Offer Boxはその点、来てほしい人がコンタクトに来てくれています。弊社は関西での事業展開にこだわっており、また採用にはインターンシップを経験していただくため、近畿圏の大学の学生を中心にオファーを送っています。また、希望職種に営業が入っている人を選んでいます。このように、「パズルらしい人、パズルに合った人」を選ぶのに、Offer Boxを選んでよかったなと思っています。

−御社の採用方法にOffer Boxは活かされるでしょうか

 こちらからオファーを出せることがとてもよいと思っています。母集団の形成よりも、コンタクトしてインターンシップに来ていただけるほうが、お互いによいと思います。また、学生の質もとてもよいと思います。

−今後の新卒採用についてはどのようにお考えでしょうか

 5年後は広島、10年後は九州にそれぞれ子会社を作りたいと考えています。子会社をそれぞれの土地に登記し、納税し、パズルが関西に根ざしているようにそれぞれの土地に根ざしたビジネスマッチングを行っていきたいと思っています。年数はあくまでも目安で、人材が育っていけばそれぞれの場所で子会社を立ち上げたいと思っています。今採用している人材は、将来の経営幹部候補として考えています。パズルと一緒に成長したい人、地域を活性化させたい人、そんな積極的な学生を採用していきたい、そう思っています。
株式会社パズル様概要
所在地 【本社】
大阪市北区東天満2-9-1 若杉センタービル本館7F
設立日 2009年2月
事業内容 【関西活性化プロジェクトの企画運営】
サイト運営 / コラボレーションセミナーの開催
ビジネスマッチング / 異業種交流会の開催 etc

【映像制作・パンフレット制作】
テレビCF・ラジオCM / 会社案内・商品紹介VTR
会社案内・商品紹介パンフレット etc

【広告代理】
テレビCM・ラジオCM
テレビ・ラジオ番組プロデュース
web広告 / 新聞・雑誌広告 / 交通広告 etc

ホームページ http://www.kansai-ap.biz/