2016年11月25日
『日本経済新聞』(地域経済面)で、「留学生の就活支援」についての活動をご紹介いただきました。

2016年10月21日、外国人留学生支援コンソーシアム「CARES-Osaka」の一員として、関西大学様、大阪大学様、大阪市立大学様、大阪府立大学様、りそな銀行様等とともに開催した、外国人留学生採用支援セミナー・交流会の様子を紙面にてご紹介いただきました。

 

関西のベンチャー 外国人採用で助っ人

新卒採用支援のアイプラグ(大阪市)は10月下旬、関西大学など4大学と共同で留学生の採用支援セミナーを開いた。中小の採用担当者や留学生ら100人が参加。留学生からは「日本の採用試験は面接の回数が多く、仕組みが複雑だ」と戸惑いの声が相次いだ。20年以上前から留学生採用を続ける機械商社エバオン(大阪市)が、ミスマッチを防ぐ就業体験などの取り組みを紹介した。(記事抜粋)

日経電子版 掲載ページ
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO09906750U6A121C1LDA000/

 

■メディア名:日本経済新聞  11月25日号(地域経済面)
■掲載記事名:「関西のベンチャー 外国人採用で助っ人」
■発行日:2016年11月25日