「入社してほしいと思うような学生がなかなか応募してきてくれない」
「現場から求められる人材はピンポイント。そんな学生を簡単に採用できるわけがない」

 
新卒採用の現場からは、こんな声がよく聞かれます。

 
2016年卒 大卒の有効求人倍率は、リーマンショック前年の有効求人倍率に近い数字になりました。これまでの就職ナビや人材紹介、採用イベントだけではうまくいかなくなってきているという話もよく話題に上ります。

 
売り手市場の加速に加え、今までの常識が数年でガラッと変わってしまう変化スピードの早い時代。当然、社会の変化に合わせて、求められる人材のタイプも変わってきています。

 
しかし、「これまでいなかったようなタイプを採用したい」
と思っても、企業のイメージは一朝一夕では変わりません。

 
ただ待っているだけでは「これまでのイメージで応募する学生」が多いわけですから、求めるような学生は来ないのです。そういったニーズから、ダイレクトリクルーティングは新卒採用市場に台頭してきました。

 

『新卒ダイリク総研』サイトリリースいたしました

このたび、新卒採用における、新卒採用におけるダイレクトリクルーティングの利用実態や有効性を調査・研究し、情報をお届けするサイトとして 『 新卒ダイリク総研 』 をリリースいたしました。

 
新卒ダイリク総研 ⇒ http://dairiku-soken.jp/

 
ぜひ、ダイレクトリクルーティングの導入・活用方法などの情報をチェックしてください。なおメールアドレスを登録されますと、最新情報をメールにてお届けいたします。

 

お問い合わせ

株式会社i-plug (アイプラグ) 新卒ダイリク総研担当:曽羽(そわ)、松田
TEL:06-6306-6125 FAX:06-6306-6126  E-mail:info@i-plug.co.jp