日本人留学生の就活インフラ「OfferBox Global」が、 新連携事業(経済産業大臣認定事業)に認定

2012年3月1日よりスタートした日本人留学生と企業をつなぐ就活インフラ「OfferBox Global(http://offerbox.jp/global)」が2月3日に経済産業局の新連携事業(経済産業大臣認定事業)に認定されました。
2012年3月1日よりスタートした日本人留学生と企業をつなぐ就活インフラ「OfferBox Global」が2月3日に経済産業局の新連携事業(経済産業大臣認定事業)に認定されました。世界中の日本人留学生2000名が登録し、オムロン株式会社、ネスレ日本株式会社、楽天株式会社など120社の企業の利用中。日本人の留学生の就職活動の悩みとグローバル展開を加速させる企業の採用課題を解消する新しい就職インフラの実現を目指します。

本事業の拡大を目指し、WEBプロモーションを強みとする株式会社グラッドキューブ(大阪市)とキャリア診断システム運用を強みとする株式会社グロースアンドキャリア(明石市)の3社で連携。事業推進体制として関西学院大学(西宮市)とNPO法人DREAM for YOUNG(豊中市)も支援を行う。本サービスが、多くの日本人留学生の不安を解消するものとなり、また海外留学に挑戦したいと考えている学生の背中を押すことにつながればと考えております。

【連携関連先】

OfferBox Global(オファーボックスグローバル)http://offerbox.jp/global/


OfferBox Global

i-plug(アイプラグ)について

国内MBAホルダー3名が2012年4月18日に設立。新しい就活の仕組み「OfferBox」シリーズを運営。全国7500名の学生と250社の企業が利用中。2013年11月にOfferBox Makersは大阪府委託事業に採択されている。

【会社名】株式会社i-plug
【代表者】中野 智哉(ナカノ トモヤ)
【設立】2012年4月18日
【資本金】2000万円
【住所】大阪市淀川区西中島1-9-20 新中島ビル9F
【事業内容】新卒採用サイトOffer Box、OfferBox Globalの運営
【URL】http://i-plug.co.jp/