2016年8月29日
『日本経済新聞』で、OfferBoxの適性診断をご紹介いただきました。

 

「経営の視点」ジョブズ宇宙船が追う理想

出会いで職場に創造力を

i-plug(アイプラグ、大阪市)は、企業がこれぞと思う学生に声をかけ新卒採用するのを助けるベンチャー。企業1760社、学生3万9000人が使う。双方を繋ぐのは適性診断。100の質問で忍耐力や好奇心の強さを測る。例えば、企業は「わが社の営業部門で活躍する社員に似た学生」をデータベースで検索できる。中野智哉社長が言う。「高度成長期には偏差値の高い人材が評価された。経済が成熟しイノベーションが求められる今、偏差値に頼らない採用が要る」(記事抜粋)

日経新聞電子版掲載ページ
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO06595900Y6A820C1TJC000/

 

■メディア名:日本経済新聞 企業面
■掲載記事名:「経営の視点」ジョブズ宇宙船が追う理想
■発行日:2016年8月29日