2016年9月1日
OfferBoxを利用して新卒採用を実施するバナナドリーム様のお話が、日経産業新聞に掲載されました。

 

中小採用 座して待たず。大手志向に負けない

バナナドリーム 欲しい学生明確化

システム開発のバナナドリーム(千葉県浦安市)は来春卒業予定の大学生2人に内定を出した。同社は従業員10人の中小企業で知名度は低い。それでも新卒採用ができたのは、「ダイレクト型」と呼ばれる手法を採ったからだ。バナナドリームが利用するのは採用支援会社のアイプラグ(大阪市)が運営する採用サイト「オファーボックス」。オファーボックスには4万人近くの学生のプロフィルが登録されている。(記事抜粋)

 

■メディア名:日経産業新聞
■掲載記事名:中小採用 座して待たず
■発行日:2016年9月1日