「面接はクールビズでどうぞ」企業がクールビズ就活を推奨
”就活クールビズ宣言”は3年目へ。136社が賛同

 top_pc1

株式会社i-plug(大阪市淀川区、代表 中野智哉)は、新卒採用を行う企業を対象に、夏場の選考へクールビズでの参加を学生に促進する『就活クールビズ宣言』プロジェクトを始動。5月16日、サンプルスタイルや賛同企業をチェックできる特設サイトをオープンしました。

→ 特設サイトURL  http://coolbiz.offerbox.jp/

6月1日より選考の解禁で面接が続々と始まっていますが、動きやすい服装で活動しやすくするとともに、多様性が受け入れられ個性が活かしやすい就活への転換を呼びかけていきます。

 

賛同企業数

就活クールビズ宣言2015:100社
就活クールビズ宣言2016:121社
就活クールビズ宣言2017:136社(2017年6月1日時点)
※2017年9月末まで、随時賛同企業を募集します。

 

面接前に、賛同企業を特設サイトでチェック

特設サイトでは賛同企業を公開しています。本プロジェクトではクールビズスタイルの目安を「ノーネクタイ・ノージャケットOK」「オフィスカジュアルOK」「私服OK」の3パターンを想定していますが、それぞれの賛同企業がどのスタイルを可としているかをアイコンでご確認頂けます。学生は特設サイトでどの企業がどのスタイルを歓迎しているのか確認して、面接に臨むことができます。

top_pc2

特設サイトコンテンツ

就活クールビズ宣言2017では、株式会社キーザンキーザン(大阪市)が運営するメンズファッションレンタルサービス「leeap」から衣装提供とスタイリングにご協力をいただき、特設サイト内でコーディネート例をご紹介しています。

 

就活クールビズ宣言を毎年実施する理由

採用活動のスケジュールが変わり8月に選考解禁となった2016年採用、「就活クールビズ」が盛り上がりを見せました。就活サービス提供会社と紳士服店の共同キャンペーンがあったり、逆にこういった動きに対するネガティブキャンペーンもありました。しかし、真夏の選考ではなくなった今もなお、就活クールビズの看板を掲げ続けるのは、このプロジェクトのみです。

就活クールビズ宣言2017を主催している株式会社i-plugが運営するオファー型就活サービス「OfferBox」は、多様性のある社会をめざしています。学歴や就活対策だけで判断されない就活を。それぞれの学生が個性を発揮し、本当にマッチした企業と出会える就職活動を創っていくことを。就活クールビズがこれまでの“就活の慣習”を変えるきっかけになることを願っています。

 

みんなで変える、みんなで創る ― 就活クールビズ2017

 

お問い合わせ

株式会社i-plug(アイプラグ) http://i-plug.co.jp/
代表取締役社長:中野 智哉
設立:2012年4月
事業内容:新卒ダイレクトリクルーティングサービス「OfferBox」運営 http://offerbox.jp/
所在地:大阪市淀川区西中島一丁目9番20号 新中島ビル4F

広報担当:松田 真弓
Mail:press@i-plug.co.jp
Tel:06-6306-6125