2014.05.01
コラム
学生が興味を湧かせるとは -会社を紹介する(3)

第5回 学生が興味を湧かせるとは
-会社を紹介する(3)-

私は現在、甲南大学の後継者育成講座にスタッフとして参画させて頂いています。受けている学生は、今後事業承継することを考えている学生や、親が事業をしているが全く違う道を考えている学生、サラリーマン家庭で育ち事業承継とは関係がない学生などが受けています。全ての学生に、「中小企業の経営」・「後継者の置かれている立場」・「後継者としてのキャリア」・「起こりうる問題・障壁」などを非常に分かりやすく具体的に説明していくプログラムです。講座では実際に、自分のキャリアを明確にして、具体的な課題などが明確になっていくと、徐々に学生は変わっていきました。事業承継や事業経営に非常に興味を持ち、「事業承継について、親と話し合った」など具体的な行動に移っていきました。
改めて思うのは、学生が考える社会人とは抽象的なイメージが多いということです。人の脳は、抽象的なイメージしか出来ないと、そのことに非常に興味を持つとまではなりません。具体的なイメージが出来始めることで、そのことに非常に興味を持っていきます。
企業説明で会社に興味を持ってもらうには、学生が具体的なイメージが出来るような表現をすることが必要になってきます。そこで、直接的に具体的な説明もいいのですが、コーチングで使う手法をここで紹介したいと思います。直接的で具体的な表現だけでは、相手の抵抗感が大きくなる場合がありますので、あえて抽象的な比喩表現をしてみることをお勧めします。比喩表現は、相手の解釈する幅が拡大し、色々と思考を凝らすようになります。それが、相手の考えが具体的に落とし込まれることになり、具体的なイメージにとなっていきます。是非、企業紹介する文章や企業説明会では、学生にとって具体的なイメージができるようサポートして頂ければと思います。