plug inとは
朝は子供に本を読み聞かせ。子育ても仕事も頑張る地方在住フルリモート社員にインタビューしました!

インタビュー

朝は子供に本を読み聞かせ。子育ても仕事も頑張る地方在住フルリモート社員にインタビューしました!

  • #インサイドセールス

株式会社i-plug

桒田さんCS1部 セールスコネクトグループ インサイドセールス第2チーム

ラグジュアリーブランド業界に入り接客販売や、スタッフ育成・売り上げ管理などのマネジメントを経験。結婚を機に関西から広島に拠点を移し、食品容器メーカーの総務人事部に所属。その後市役所で文化財の広報担当を経て、株式会社i-plugへ入社しカスタマーサクセス部のインサイドセールスチームに所属。現在は、地方在住のためリモートワークをしながら時短勤務で2人の愛娘を子育て中。

鹿毛i-plugでは、今どんなお仕事をされていますか?

桒田カスタマーサクセス部のインサイドセールスチームに所属していて、企業へ電話をし資料提供したり、営業アポイントを獲得するという仕事を担当しています。

鹿毛i-plugに入社したきっかけは?

桒田きっかけは、友人からの誘いです。第2子の出産を機に前職を退職し、再就職先を探しているタイミングでたまたま声をかけてもらったんです。娘2人の育児があるので時短で働くことと、コロナ禍での外出は不安だから在宅ワークであることを条件で、仕事を探していたのですが、私の住む広島では条件に合う仕事が見つけられず困っていたタイミングだったので、嬉しかったです。

鹿毛未経験の業界への入社や、リモートワークに対して不安はなかったですか?

桒田正直、不安でした。面接でインサイドセールスの業務内容を聞いた時に、これまで経験してきた顧客管理やお客様対応のスキルが活かせそうだなと思い入社を決めました。 ただ、リモートワークの経験がなかったので、働き方の想像がつかなかったです。フルリモートでの勤務についてはやってみないと分からないなと思いつつ、入社前に仕事量やコミュニケーション方法についてたくさん質問して、不明点はできる限り解消してから入社しました。

鹿毛フルリモートを経験してみてどうですか?

桒田全く問題なくフルリモートで仕事できてます!チャットやオンラインでの通話ツールが導入されていて、必要になったらすぐにコミュニケーションを取れる環境が整っていたからだと思います。不明点がある時はインターネット回線を利用した内線電話ツールを使い先輩に電話をしたり、ビデオ通話を通して画面を共有しながらチームみんなで課題解決をしているので、孤独に感じることもありません。しかし、ツールが揃っているとはいえ相手の行動が常に見れる環境にはいないので、受け身にならずに遠慮せず自分から質問や情報を発信する行動は必ず必要だと思います。その行動さえできれば、誰でもフルリモートでの仕事を問題なくできると思います。
また母として働きながらも家庭を守る存在でいたいので、出社が無くできる限り新型コロナウイルス感染のリスクを減らす環境で仕事ができていることがとても有り難いです。

自宅で働いている様子

鹿毛仕事しながらの育児って大変だと思いますが、1日のスケジュールってどんな感じですか?

桒田毎日、こんな感じです!
==
6:00  起床
6:30  朝ごはん
7:00  保育園の支度・娘たちに1冊本を読む・通園
8:45  始業(メールチェックなど) 終わり次第、企業への架電タイム
12:00  オンラインランチ(主に営業担当と情報交換)
13:00  企業への架電タイム
16:00頃 仕事終了・娘達のお迎え・家事
18:00  夕食
19:00  お風呂
20:00  本読み聞かせ・子供達就寝・家事
==
娘たちとの時間も大切にしたいので、毎朝1冊本の読み聞かせをするって決めています。これは、以前いた会社で職場復帰した後に始まった習慣です。長女を保育園に預けていたのですが、娘が熱を出すことが多くなったんです。保育園に迎えに行って、自宅に帰ると安心感からかすぐに熱が下がることが多く、これはもっと私と過ごしたいという娘からのサインなのだと思いました。本好きの娘なので夜も本を読むことが多いのですが、朝のバタバタした時間帯こそ何かしたいと思い絵本を読む習慣をつくりました。
昼休憩の時間は、色んな部署の方とオンラインでランチしながら情報交換していることが多いです。他部署の営業担当から情報を得て、企業へ電話をかける時に活かせるようにしています。あと、子供の成長の話など子育てについて話すことも多いです。

鹿毛毎日とってもお忙しそう!私は毎日9時前に起きています….笑

桒田毎日、バタバタはしていますが楽しいです。働き始めた時は、子供が急に熱を出して休まないといけないことに、とても負い目を感じて「申し訳ない….迷惑かかるのでは…」と思っていました。実際、過去にいた会社では長女の看護で休みを取得することが増えたことが理由で退職していますが、i-plugには男性も女性もお子さんがいる方が多く、子供の急な体調不良や、時短勤務に対しても理解のある環境で働けています。

鹿毛これからの目標は?

桒田チャンスがあれば色んなことにチャレンジしていきたいです!例えば、未経験のことももちろんですが、人材育成など過去にマネージャーとして経験してきたことを活かせる機会があれば、再挑戦したいです。今はインサイドセールスチームの一員としてお客様とのアポイントを獲得することが任務なので、そこは全力で取り組みたいです。ただ電話の数を多くするのではなくて、お客様と関係を構築し「i-plugの電話だったら出たい。」と思ってもらい、相手にとって有益な情報を提供してくれる担当でありたいです。
母としては、娘たちの視野が広がり将来の選択肢が増えることを願っているので、彼女たちにとって世界を広げてあげられる人でいたいです。私自身が、社会にでて色んな人と関わっている姿を娘達に見せることで、彼女達の世界が広がっていたら良いなと思います。娘が最近「お母さんの好きなところは電話をしているところ。電話をする仕事がしたい。」と言うようになったんです。

家族写真 ※顔文字はTwemoji(https://twemoji.twitter.com/)より拝借

鹿毛可愛い!おままごとで、お母さんの真似して「お世話になっております。」とか言い始めそうですね…

桒田そうなんです!まだ3歳と1歳なので、私の想いを伝えるには早いですが、いつかこの想いが伝わったら良いなと思っています。それまでは、娘にも色んなことをチャレンジさせて、私自身もたくさんのことにチャレンジしていきたいです。

鹿毛桒田さん、ありがとうございました!

〜おまけ〜「桒田さんの所属するチームのリーダー石田さんに聞きました!」

鹿毛桒田さんのように時短勤務かつフルリモートのメンバーの入社時に意識した点はありますか?

石田主に2つのことを意識していて、桒田さんが入社する時にも伝えました。
1つ目は「同じ条件で働くメンバーや今後入ってくる人のことを考えること」です。具体的には、桒田さんが無理な残業等をしてしまうことで、メンバー全員が他の時短勤務の方の働き方に対する基準が”頼めば無理に残業をしてくれる人”となってしまう可能性があります。特に私のチームでは彼女のような働き方をするメンバーがまだいなかったので、彼女自身が多様な働き方を受け入れる見本になると思い、伝えました。これから働きたいと思っている人が彼女の働き方を見て、入社する勇気を持ってもらえたら嬉しいです。
2つ目は、「それぞれに合った仕事の量を調整しながら、仕事の質を落とさないようにすること」です。これから多様な働き方の人が入社してくるにあたり、重要になってくるのは”仕事の質”だと思います。そのため個人の働き方を尊重し仕事量を決めながら、会社が定めている評価の軸と比較して、各メンバーがどのような仕事を求めてられているのかということを、最初にすり合わせるようにしています。
僕自身もチームリーダーとして桒田さんのような時短、かつフルリモートの方を受け入れるのは初めてなので、これからもみんなで一緒に働きやすいチームを作っていけたらと思っています!

鹿毛石田さん、ありがとうございました!