plug inとは
たくさんの経験を通じて理想の自分へ。VP受賞メンバーにインタビューしました

インタビュー

たくさんの経験を通じて理想の自分へ。VP受賞メンバーにインタビューしました

  • #営業
  • #VP受賞者

社員を表彰するアワード(MVV AWARD)でVPを受賞した泉さん。彼女の人生観、仕事の向き合い方やMVV受賞時の心境について伺いました。

株式会社i-plug

泉さんCS2部 CS東日本グループ 第1チーム

2020年に大学卒業後、i-plugへ新卒入社。カスタマーサクセス部門(CS2部)に所属し、東日本の企業へOfferBoxの提案営業を担当している。フリーロケーション制度導入をきっかけに、茨城県へ移住。2022年、輝かしい成績を残した社員に送られるMVV AWARDにてVP賞を受賞。趣味はラジオを聴くこと。お気に入りのラジオ番組は「安住紳一郎の日曜天国」。

 

MVV AWARD VP受賞

鹿毛現在、担当する仕事について教えてください。

現在はOfferBoxのカスタマーサクセス部門に所属しています。業務内容は、主に東日本の企業へOfferBoxの提案営業。また、担当企業の採用成功までのサポートなども担当しています。

鹿毛まずは、MVV AWARDのVP受賞おめでとうございます。受賞した時の心境は?

驚きすぎて正直、当日のことは覚えていません…笑
入社当時から自社のサービスを売ることだけを目的とせず、お客様の抱えている課題を一緒に解決する姿勢を大切にしながら営業を続けてきました。きれいごとばかり伝えるのではなく、時にはOfferBoxで解決できないことには「できない」とはっきり伝える時もありました。お客様へとの向き合い方や姿勢を評価されたことが分かり嬉しかったです。受賞できたのは、お客様が私と共に採用課題に向き合ってくれたからこそ。そして、社内のサポートがあったからです。

鹿毛周りの反響はどうでしたか?

同期やチームメンバーなどたくさんの方から、祝福の声をもらいました。応援してくれている人が多くいることを実感しました。

鹿毛VP受賞したことを改めてどう感じますか?

VP受賞は、過去の行動への評価です。大事なのはこれから。今年1年間は「VP受賞」の看板を背負うことに少しプレッシャーがあります…。仕事のスタンスは変えず、改めて気を引き締めて頑張りたいです。

MVP受賞者の記事はこちら▼
「MVP賞を受賞した UIデザイナーにインタビュー」

入社の決め手はi-plugで働く将来がイメージできたから

鹿毛i-plugを知ったきっかけは?

OfferBoxのオファーがきっかけです。自己PRに言及されたオファー文が多いなか、i-plugからのオファー文では「私の将来像」に触れていました。自己PRより思いを込めて書いた項目だったので、嬉しかったです。

鹿毛「私の将来像」に何を書いてましたか?

「ご飯屋さんでご飯を綺麗に食べられる人」です。「多くの人にとっては些細なことであったり当たり前に感じてしまったりしても、物事によく気づき、より多くのことに感謝・感動できる人」という意味を込めました。きっとそういう人は、想像力が豊かな人。今も変わらず、そんな人になりたいです。

鹿毛入社の決め手は?

最初はあまりi-plugの志望度は高くありませんでした。営業の仕事に対して具体的なイメージを持てていなかったからです。営業=自社のサービスを売りつけるみたいな印象が強くて不安でした。選考を進めていくなかでi-plugの社員から「担当企業さんと一緒に企業説明会の内容を考えた」「担当企業にとって、どのような新卒採用サービスが合いそうかを一緒に考えた」と聞き、お客様に寄り添いながら仕事をするイメージが具体的に持てました。「この会社なら私にも営業ができるのでは?」と期待に繋がったんです。

鹿毛入社してみてどうですか?想像していたものとのギャップはありますか?

仕事内容にはあまりギャップはありません。
一番大きなギャップは、働き方です。フルリモートで仕事できるとは全く想像していなかったです。実は、フルリモートが可能な制度が導入されたタイミングで埼玉の大宮から実家に近い茨城県のつくば市周辺に引っ越しました。

コロナ禍をきっかけに地元/茨城県へ引っ越し

鹿毛移住しようと決意したきっかけは?

実家でリモートワークをした時のことです。窓からの自然が見えて、季節の流れを感じました。せっかくフルリモートで働けるのに、この景色が見られないなんてもったいないと思い引っ越しを決意。季節の流れを感じることで心に余裕ができるように思います。

鹿毛移住をして変化はありましたか?

地方移住をして失ったものは、Uber Eatsです…。笑 
デメリットはその程度で、日常の幸福度が上がったような気がしています。地元に戻ったことで、家族や友達に会う機会も増えオフの時間が充実しています。都内にもすぐに行ける距離の移住なので不便もありません。
働く環境も良くなりました。例えば、自然の光を浴びながら仕事ができること。また、部屋が広くなったので気分転換に作業する場所を変えながら仕事をしています。都会の狭い部屋で仕事していたときよりも捗っています。

社会人3年目を迎えて

鹿毛社会人3年目。今の仕事のやりがい、目標は何ですか?

人生のモットーとして「楽しく生きる」を掲げています。営業という仕事を通じて、さまざまな企業や業界を知ることがやりがいです。知らないことを知ることで視野が広がり、新しい想像力へと繋がる。今はそこに楽しさを感じています。
目標は、学生時代から変わらない将来像「ご飯屋さんでご飯を綺麗に食べられる人」です。3年目になり任せられる仕事が増えた分、余裕がなくなってしまうこともあります。余裕がない時でも、しっかり周りに感謝を忘れない自分でありたいです。

鹿毛ありがとうございました!